第42回総社市民まつり”雪舟フェスタ”

 

 去る8月6日(土)メイン会場となる高梁川河川敷グラウンドなど

総社市内で開催されました。

 

 午前8時30分からはカミガツジプラザにて総社商工会議所女性会など

5団体によるチャリティーバザーや青空市が、午後からは市民会館で

お茶席やカラオケ大会が開催されました。

 

 メイン会場の高梁川河川敷グラウンドでは16時、太田幸宏実行委員長

によるベリーダンス披露からの「開会宣言」により、まつりの幕が開けました。

 今年は天候も良く、絶好のまつり日和となりました。ステージ上では多数の

出場者による催し物が次々と披露されました。また「ええとこ囃し踊りコンテスト」

には7チームが参加し、それぞれ趣向を凝らした衣装やオリジナリティーあふれる

振付で会場は大いに盛り上がりました。次にメインイベントの「総おどり」では市内

団体・企業から総勢1,100名を超える踊り子たちが一斉におどり、まつり会場を一層盛り

上げていました。20時45分からのフィナーレでは、約2,500発におよぶ打ち上げ花火が

夏の夜空を彩り、総社の夏の一大イベントである総社市民まつり”雪舟フェスタ”が

盛況の中、幕をおろしました。